取り扱いサービス

電源開発事業(Non-FIT)

発電事業者様や小売電気事業者様による再生可能エネルギー発電設備の導入をサポートします。ご要望に応じた量の土地の確保から発電設備の設置まで一貫したご提案が可能です。

AMAZE INC. EPC事業者(設計・調達・建設) → 【設備設置工事・太陽光用地紹介】 → 発電事業者様 → 【電力卸売】 → 小売電気事業者様  【電力小売】 → 契約需要家様

自家消費型発電事業(Non-FIT)

自己所有モデル

再エネ電力を利用したいお客様がご用意する土地や建物に対して、お客様ご自身で太陽光発電設備を設置(所有)し、その設備で発電した電力を利用するモデルです。
当社は、用地に関する相談と、太陽光発電設備の設置に関してお手伝いさせていただきます。

AMAZE INC. EPC事業者(設計・調達・建設) → 【設備設置工事】 → 電気の需要家
第三者所有モデル

再エネ電力を利用したいお客様がご用意する土地や建物に対して、PPA事業者が太陽光発電設備を設置し、当該PPA事業者から電力を購入するモデルです。第三者所有モデルとも呼ばれており、お客様は、設備に係るイニシャルコストを抑えながら、PPA事業者から再エネ由来の電力を利用(購入)することができます。 当社は、PPA事業者とお客様の仲介、用地に関する相談、PPA事業者の太陽光発電設備の設置をお手伝いさせていただきます。

AMAZE INC. EPC事業者(設計・調達・建設) → 【設備設置工事・太陽光用地紹介】 → 電気の需要家 → 【電気利用料の支払い】 → 小売電気事業者・PPA事業者 → 【設置工事代金の支払い】 → AMAZE INC.
リースモデル

再エネ電力を利用したいお客様がご用意する土地や建物に対して、リース会社が太陽光発電設備を設置し、小売電気事業者が電力を購入するモデルです。こちらも第三者所有モデルとして扱われていますが、電力販売契約は小売電気事業者と、設備の所有形態についてはリース会社とそれぞれ直接契約を締結するため、PPAモデルよりも自己所有に少し近い第三者所有モデルとなります。

AMAZE INC. EPC事業者(設計・調達・建設) → 【設備設置工事・太陽光用地紹介】 → 電気の需要家 → 【リース料の支払い】 → リース会社 → 【設置工事代金の支払い】 → AMAZE INC. / 電気の需要家 → 【電気利用料の支払い】 → 小売電気事業者・PPA事業者
~“オンサイト”と“オフサイト”のおおまかな違いは同一の敷地かそうでないか~

発電設備の設置形式には“オンサイト”と“オフサイト”があります。電力を使用する施設や設備と発電設備が同一の敷地かそうでないかを表しています。
オンサイト電源は、大手電力会社の送電網を介さず直接的に、自己託送で太陽光発電由来の電気を使用できる電源です。それに対してオフサイト電源は、大手電力会社の送電網を介して、需要地に電力を供給する電源です。電線等の設備の利用料である託送料金の支払いは発生しますが、遠隔地に設置できるため、用地確保の自由度は格段に上がります。
オンサイトでの供給だけでは自社の需要電力を賄えない場合、オフサイトでの供給と併せて検討していただくことをおすすめします。
また、どちらの電源も再生可能エネルギーとして付加価値のある電力を購入・利用でき、環境への貢献をすることができます。

オンサイト電源: 発電場所と使用場所が同一または近接していて、自営線内で送電できる電源。託送料
不要(コスト低下)。設置場所限定的。設備容量限定的。 / オフサイト電源: 発電場所と使用場所に距離があり、電力会社等の電線を利用するなどして電気を送電する電源。託送料必要(コスト増加)。設置場所制限なし(遠隔地でもOK)。設備容量制限なし 自家消費型発電設備の所有形態比較。自社所有モデル:自社所有、初期投資必要、保守管理必要(委託を含む)、損害保険必要、電気料金自家消費分は無料、資産計上オンバランス、10~15年前後で投資回収。PPAモデル: PPA事業者所有、初期投資/保守管理/損害保険不要、電気料金自家消費分は無料、資産計上オフバランス(監査法人の判断による)、長期電力買取契約。リースモデル: リース会社所有、初期投資不要、保守管理必要(委託を含む)、損害保険必要、電気料金自家消費分は無料、資産計上オンバランス(監査法人の判断による)、10~15年前後で投資回収

ソーラーシェアリング(FIT)

ソーラーシェアリングとは
農地で農業を行いながら、同一の土地で太陽光発電事業を行う取組みのことを言います。
太陽光モジュールの設置間隔を調整することで対象とする作物の生育を阻害しない程度に日照量を調整し、農業と発電事業の両立を図ります。

弊社がご用意する2つのソーラーシェアリングプランは以下のソリューションを提案できます。

年々減少する新規就農者数への対策

経験が少ない新規営農者様への新たな農業のご提案や支援

荒廃農地の抑制

耕作放棄地の管理に悩む土地の地権者様のサポート

災害時の非常用電源

災害時、自立運転機能によるコンセントの活用

1. 有料営農代行プラン

弊社と提携している営農事業者をご紹介し、当該事業者に有料で営農代行を実施する業務委託契約を締結していただくプランです。収穫した作物およびそれに伴う収益は営農事業者に帰属します。

【発電事業者】発電設備: 発電事業者が所有。土地: 所有 or 賃借 / 【農業生産法人 or 新規就農者】農業: 有料営農代行
2. 無料営農代行プラン

太陽光発電設備導入時に、農業に係るICT機器および農業用設備一式を発電事業者様に同時購入していただき、新規就農者を中心とした営農事業者が無料で営農代行を実施するプランです。収穫した作物およびそれに伴う収益は営農事業者に帰属します。ICT農業を活用した収量の増加により、稼げる農業の実現と新規就農者の参入ハードルを下げることで、特にこれからの農業を担っていく若い世代の新規就農人口の増加を目指します。

【発電事業者】発電設備: 発電事業者が所有、土地: 所有 or 賃借、機器: ICT機器提供 / 【農業生産法人 or 新規就農者】農業: 無償営農代行・作物取得

現在、FITの適用を受ける営農型太陽光発電設備の設置は、地域活用電源としての役割を持たせることが条件とされています。そのため、災害時には自立運転機能に切り替えて、ブラックスタートのための給電用コンセントを地域の皆様が安全に活用することができます。

産業用太陽光発電(FIT)

FITによる産業用太陽光発電設備の設置及び販売を行っています。
自家消費を前提とした低圧(50kW未満)の余剰売電から、高圧(50kW以上250kW未満)の全量売電まで幅広く取り扱っております。

土地付き太陽光発電投資の仕組み

土地付き太陽光発電投資の仕組みの図

太陽光発電(FIT)

弊社ではカーボンニュートラル推進のために産業用太陽光発電設備を保有・運営しています。そこで、太陽光発電設備を所有されていない方に安心してご購入いただくために太陽光発電設備の発電実績を公開しています。

●●発電所
仮画像

基礎知識(用語解説・用語集)