OUR WORKS

再生可能エネルギーが普及した仕組み

近年、あらゆる場所で目にすることが多くなった太陽光発電設備ですが、
その大半は「固定価格買取制度(FIT)」という国の制度を利用して運用されています。同制度は、国が再生可能エネルギー特別措置法という
法律で定めた制度です。同制度は“再生可能エネルギーで発電した電気を、電力会社が一定価格で一定期間買い取ることを国が約束する制度”です。
その対象となる再生可能エネルギー発電設備の一つが「太陽光発電設備」です。


最近では、皆様から「国が定めた売電単価が当初よりも安くなっているらしいけど大丈夫?」という質問も受けるようになりましたが、
導入が急増したことや技術の進歩(高効率化)により、業界全体での導入コストが安価になりました。
国の調達価格算定委員会は、有識者と話し合い、次年度の設備設置コストを見通して売電単価を決定している仕組みになっています。
つまり、市場調査したうえで売電単価を決定しており、決してやみくもに決めているわけではございません。
以上のことから、法律で定められた制度を利用し、ある程度利回りを予想して運用することが可能な仕組みになっています。

設備の導入をご検討されている皆様へ

弊社では比較的導入しやすい50kW未満の“低圧案件”と呼ばれる太陽光発電設備の設計・各種申請業務代行・施工・保守管理を主として行っております。
また、50kW以上2,000kW(2MW)未満の“高圧案件”も取り組むことが可能ですので、ぜひ一度ご相談ください。

遊休地等のご売却・賃貸借をご検討されている皆様へ

ご使用されていない土地や、休耕を機に他の用途にしようしたいとお考えになっている方は、是非一度ご相談ください。
必ず現地を確認したうえで、お客様と実際にお会いしてお話をお聞きします。お気軽にお申し付けください。

太陽光発電所建設用地募集

弊社では、低圧から高圧まで、さまざまな事業用地(未申請・認定済)・稼働済を含む発電所を募集しております。
未認定用地はもちろん、みなし認定済み案件(土地・権利)、運転開始済みの発電所も広く募集しています。

募集条件

低圧案件の場合

利用可能面積660㎡~1,000㎡ ※目安です
土地契約形態土地売買契約、土地賃貸借契約、地上権設定契約
取引条件面談時にご相談

高圧案件の場合

利用可能面積6,600㎡~33,000㎡ ※目安です
土地契約形態土地売買契約、土地賃貸借契約、地上権設定契約
取引条件面談時にご相談

ご契約までの流れ

お問い合わせ

お問い合わせフォーム、またはお電話にて直接お問い合わせください。

ヒアリング

弊社よりご連絡させていただき、より詳細な情報をヒアリングさせていただきます。

現地調査

お打合せさせていただいた上で、実際に現地にお邪魔して当該用地の状況を確認させていただきます。

ご提案

弊社より金額等のご提案をさせていただきます。

ご契約

弊社よりご提案させていただいた内容に合意いただけましたら、ご契約となります。

産業用から住宅用まで。
まずはお気軽にお問い合わせください。

TEL : 0596-63-5593
平日 9:00~17:00(土日祝・弊社休業日を除く)